長期間アルバイトで身に付いたスキル

好きなことをアルバイトに

私は高校を卒業してすぐに居酒屋でアルバイトを始めました。そこでのアルバイトは本当に楽しく、若い人が多かったのでよく遊びにも行きました。居酒屋でアルバイトをしてるくらいなので、みんなお酒が好きで、遊びに行くとたいていは居酒屋でお酒を飲んでいました。私もそのアルバイトの人たちと一緒にお酒を飲みに行き始めて、お酒の美味しさや楽しさを覚えました。そこから私は急速にお酒への関心が高まりもっとお酒の勉強ができるアルバイトを探しました。居酒屋から、お酒の知識が学べるバーに転職したのです。
その国分寺にあるバーはとてもおしゃれでシックな雰囲気が漂っています。居酒屋のバイト仲間で一度訪れてから、私は完全にはまってしまい、一人でもそのバーに通っていました。その経緯があってそのバーのアルバイトに採用されました。そのバーはウィスキーの種類が豊富で、アイラ島のウィスキーはほとんどがそろってるのではないかというくらい種類が豊富でした。時々、試飲もさせてもらいましたし、お客様から奢ってもらえるときもあります。そうしてウィスキーの種類もその時期にかなり覚えました。またカクテルの種類もたくさんあり、いろんなカクテルも作れるようになりましたし、自分のオリジナルなカクテルをお客様に提供することもありました。
私は大学時代、大学の勉強ではなく、お酒を勉強してたんだなと思うくらい、大学時代はお酒のことばっかり考えていました。結局、大学を卒業するのに5年かかってしまい、国分寺のバーでは丸4年間働くこととなりました。しかし、アルバイトの経験は無駄なものではなく、社会人になった今でもお酒の席では役に立つことが多くちょっとした自慢です。自分の興味があることを仕事にするのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll To Top